ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


火星の写真ktkr

Category: Diary  
火星人などいない。
いるわけがない。

なかなか高画質な映像が火星から送られてきたようだ。
20120829a.jpg
20120829b.jpg
20120829c.jpg
(クリックで拡大)
まるで地球のようだ…。
重力が地球の1/3。
おかげで大気が希薄で熱が逃げるそうだ。
平均気温-43℃。生きるにはだいぶ厳しい。
植物(と言うか生物全て)がいないからほぼ二酸化炭素。
彗星でも衝突してもう少し大きくなってそこそこの重力を得れば、
そのうち地球みたいになるかもしれない。
何億年かかるかわからんが。
しかしこの映像で生物がいないことに違和感がある。
遠くから鳥とか飛んできそうだもんなぁ。
ここに降り立つと、自分以外の生物が全くいないことになる。
微生物すらいないだろう。
本当の「ぼっち」がここにある。

少なくとも俺が生きている間に火星に住むことは不可能だな。
酸素02が無ければオゾン03も殆どないため放射線きまくり。
生きてらんない。
もう色々足りなさすぎる。
同時に、地球はやはり奇跡の星だと再認識できる。地球すげぇ。
火星開拓をするくらいなら、その地球をどうにかしたほうがいい気がしないでもない。

参考リンク
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2194575/Postcards-Mars-NASA-releases-fascinating-high-res-images-Red-Planet-taken-Curiosity-rover.html#ixzz24q7Q0K4h


Comments

Leave a Comment

ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。