ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野原>>>超えられない壁>>>猫

Category: Diary  
スポーツにはまるで興味が無い。
仮にスポーツに触れるとしても、実際にプレイしてた方がマシだ。
ただでさえTVを見ることが殆ど無くなった俺なのに、スポーツを見ることなんてまず無いのだ。
仕事の都合上、試合経過を見るために会社のTVを見ることもあるけど、例外と言っていいだろう。
そんな俺でも、世界レベルは別に見ていて苦じゃない。
「同じ人間」が「全くレベルの違うスコア」を出すというのは見ていて面白い。
面白いし、そしてやっぱり凄いと思う。

そんな世界レベルのスポーツイベントと言えばやっぱりオリンピック。
ここまで来てちょくちょくニュースを見ている人なら気付いたかもしれない。
「猫ひろしオリンピック参加」
…である。
最初見たときは、確か芸人だったっけ?オリンピック出場すげーじゃん、と思ったんだけど
まぁそこらの芸人がそう簡単にオリンピックに出られるわけが無かった。

1.猫ひろし、カンボジア国籍ゲット
2.カンボジア枠を利用して五輪出場権ゲット
3.猫ひろし「カンボジア語覚える気ありませーん、住む気もありませーん」

3,の時点でこいつはダメだと思ったw
ロシアの歴史を学び、ロシア語を勉強し、ロシアを普及させようとする謎声優の上坂すみれが
良いタイムを以ってロシアの出場枠を利用して五輪に出るようなら、それほど問題は無いと思うのだけど
猫ひろしは全くカンボジアを全く知らず、ただ利用してるだけにしか見えない。
猫ひろしより長距離が速い選手などいくらでもいるわけで、
こいつがやってることが正当化されるようなら、各国の2番手、3番手が
タイムの悪い国の籍を取るだけで簡単に五輪に出場することが当たり前となってしまう。

仮にオリンピックに出場した場合、その後TVなどメディアに出ることはほぼ間違い無い。
その効果は1億3000万円ほどだということだ。
金策ウマー( ゚д゚)
オリンピックはただの金策だったのだ。
出場権だって、マラソン途上国の国に移籍すりゃいいのだ。

だが…そうはいかんざき!
猫ピンチ!国際陸連が資格疑問視
記事を軽く纏めるとこうだ。

●国籍取得後1年経過してない猫ひろしの場合●
1.連続した1年の居住実績
2.国際陸連理事会による特例承認
のいずれかが必要。
猫ひろしの場合、1.が恐らく無いため、2.の条件をクリアしないと出場権が無くなる。

ベジータなら「ダニィ!?」と言ってるところだろう。
まぁまだ2.の可能性はあるので、確実というわけでは無い。
正直言って俺は出てほしくないね。
上のニュース見た時に【やったー!!】と思うくらいに出てほしくないね。
出場権取られて笑い取るほうが芸人らしくていいんじゃないの?w

ま、この移籍&オリンピック出場が果たして猫ひろし本人だけのアイデアとも思えんがな。
果たしてどうなることやら…。


Comments

Leave a Comment

ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。