ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


24クール

Category: Diary  
なつまち最終回。
なんだかんだでおねがいシリーズの一つであり、前作前々作が多少関わっている。
EでDはその色が濃く、おねがいシリーズを知らない人にとっては不評かもしれないな。
俺もそうだけど、過去作を見てないとよくわからないというのはちょっと辛い。
なつまちはそれほどおねがいシリーズが関わっているかと言うとそうでもないのだけど
見てない人にとっては、何か欠けた状態で見てる気分になるのだろう。

最終回の内容自体は良かった。
特に最後の10分は良かったな~。
しかし…青はどうすればいいのだ><
視聴者に「ウェルカムだよ」と言わせるつもりか…(・∀・)

ついでにパパ聞き最終回。
前も書いたけど、低俗度の高そうな感じしかしないアニメだと思いきや、意外に重い。
それでいてなかなかハートフルで、最終回も込みで考えると見て良かったと思えた。
いい人が結構出てくる作品というのは、見ていて気分がいいんだよな。
悪人が存在し、それに嫌がらせを受け、いい人によって助けられるというパターンだと
報われるまであまりいい気分じゃないしの。
のんびり見る分には良かったなぁ。

最終回多発な時期なんだよね。
1クールは短い。
最近のアニメは分割2クールというのが幾らか出ているけど(Fateとか鴨川とか)
その内容は「制作が間に合わない」というよりは「作品を長生きさせる」というのが目的のようだ。
一気に24話(2クール=6ヶ月)やるよりは間を開けた期間(前半1クール+空白1クール+後半1クール)とやれば
最終回を迎えた後の「この作品は既に終わった感」を先延ばしにし
その間グッズ展開などの売上を伸ばすことができるというアイデア。
確かに最終回を迎えた後の該当作品の関連商品への購買意欲は落ちる。
それに対する資本主義的には素晴らしいアイデアだと思う。

ただ後半1クールの1話目からいきなり「作画崩壊」とやらになっていた場合
制作側の「へへっw第二次商品のために先延ばしさせてもらいやしたwww」というのが伝わってくるはずだ。
その場合、クオリティダウン以上のイメージダウンも付随してくるかもしれない。

俺は作画乱れはわかりはしても、作るのが超絶大変らしー記事を見ているせいもあり
別に気にしていない。
内容がおおよそわかれば良かったりする。
ま、大体の人がそんなもんだと思うけどね。


Comments

Leave a Comment

ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。