ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【無料only】iOS5 JB オススメアプリ 2011.01.27

Category: iPhone/iPod touch  
初JBな人向けにiOS5向けJBアプリを簡単に紹介していくにゃん。
使ってみてたいした不具合のないものだけ選んでミタ。


Activator
SBSettingを入れると勝手についてくるかのようなアプリ。
ジェスチャーに色んなアプリや動作を設定することで
あらゆるタイミングでアプリ起動や機能のON/OFFができるようになる。
例えばホームボタン長押しで指定アプリ起動など。

Backgrounder
通常のアプリ最小化は一部機能以外は動作させなくするが
こちらの最小化はPCのアプリ最小化と同じで
全て機能を起動したままで最小化できる。
その分電池は食う。
指定アプリのみ最小化禁止にすることで、メモリ節約などが出来て大変便利。

Brightness Activator Action
Activatorに「明るさアップ」「明るさダウン」のコマンドを追加できる。
明るさの変更幅を変えることもできる。
オススメ設定は「ステータスバーを右にスワイプ」で明るさアップ
「ステータスバーを左にスワイプ」明るさダウン。

Calendar for NotificationCentor
通知センターにカレンダーを追加できる。
夜勤かつ特殊な勤務体制で曜日感覚を忘れがちな俺もこれで物理カレンダーいらず?

Custom NC Background
通知センターの背景画像を任意の画像に変えることができる。

InlineCandidate for iOS5
iOS5から変換項目の位置がキーボードの真上になったが
それをiOS4以前のような、入力文字付近のものに変更する。
iOS5でラグだらけだった文字入力がこれで以前のような軽快な動作になる。
文字入力がのろい!と感じる人は是非お試しを。

Lockscreen Dim Delay
通常ロック画面は5秒で自動的に消えるけど、その時間を変更できる。
車載でロック画面を表示してる時など、常時つけておくことが出来て便利。

NoAccSplash
iPhoneやiPod touchなどは、対応デッキやカーステレオに繋ぐと
iPhone側からは、iPod操作ができなくなる。
これを解除し、iPhone側やデッキ側の両方から操作できるようにするアプリ。
車載で使う人にとっては超絶便利。

NoLockScreen
ロック画面を無かったことにするアプリ。
iOS5では、一瞬ロック画面が表示されてしまいちょっとスマートではないけど
ロック画面があまり必要ない自宅などでは、なかなか重宝する。
SBSettingトグルも同梱されていて、機能のON/OFFも容易い親切設計。

PasswordPilot
AppStoreでダウンロード毎にパスワードの入力を聞かれるのが面倒くさい。
が、あらかじめ設定しておくことで入力済にすることができるアプリ。
ただし、わけのわからないアプリにパスワードを入力したくない人は導入しないほうがいいかも。

Pull To Dismiss
キーボードを下にスワイプすることで隠すことができるアプリ。
過去の履歴を見ながらメールを入力したいけど、キーボードが邪魔でスクロールできない…
という問題が解決できる。
純正アプリ以外では不必要な時にもキーボードが隠れないお粗末仕様のものもあるのでオススメかも。

QuickGoogle
Google検索用ポップアップウィンドウを出すことができるアプリ。
好きな時に気になったことを検索できるのでggrksと言われた時などに役に立つ。
呼び出しはActivatorで好きに決められる。

Rotation Inhibitor
回転制御ができるSBSettingトグル。
Activatorで設定すれば簡単に回転のON/OFFを決定できる。

SBSetting
元祖トグルアプリ。
これひとつで電池食いのWiFiや、常時使うわけではないBluetooth、
映画館などで使いたい機内モードを簡単にON/OFFできる。
今は通知センターに統合することもできる。
これに対応してるJBアプリなら、SBSettingからON/OFFできるようになる。

SpotRemover
ホーム画面でホームボタンを押すと出てくるスポットライト。
意図しないタイミングで出てきてウザいスポットライトを無かったことにするアプリ。
NoSpotと違い、スポットライトがあった方向にスライドするとちゃんとアイコンがバウンスする。

SpringFlash
フラッシュライトのSBSettingトグル。
ONにすればライトがつき、OFFにすればライトが消える。
トグル故にActivatorで設定すれば、例えばスリープボタン長押しでライトをつけることができる。
いちいちロック画面解除→ライト起動アプリタップ、などという操作をしなくても瞬時につけることができて便利。

SwipeNav
アプリの「戻る」、これを左スワイプで実行するもの。
何にもないところで左から右に指を動かすと、前の画面に戻れる。
ゲームなどスワイプ操作が必要なアプリでは使わないようにするなどの、除外設定機能付き。

Webscrollian
サクサク動作のiPhoneも、画像が大量にあるサイトだとカクカク動作になることもある。
しかしこれを入れると、そんなサイトですらサクサク動作。
指にすいつくようにスクロールする様は気持ち悪いほどかもしれない。


簡単紹介はここまで。
Auto LocationがまだiOS5対応してないのが残念だなぁ。


Comments

Leave a Comment

ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。