ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんかつPT

Category: Diary  
「こちらヲヲヲですが、PTどうですか?」
「【せっかくだけど遠慮します。】」

とんかつPTじゃないYO
俺が生涯行くわけがないと思っていた婚活パーティーとやらに勝手に応募され
半分上司命令というてゐ、じゃなくてていで行ってきた。
昨日は大学連中と飲みだったため、二日酔いを引きずってのPTとなる。

参加費は野郎は3000円、女郎は1000円。
これが格差社会というやつであろう。
実はこの時点で行く気が失せるような考えを持っているのだけれど、仕方ない。
場所は市が管理するなんとか会館というやつで、主催も市の直轄してるもの…だと思う。
この手のPTを開催してほぼ2年だとか。
流行語に「婚活」がノミネートした時期がだいたい2年前だったから、便乗というやつだろう。
もちろんその便乗はここに限らず。
しかし初の参加者としては、意味不明なカタカナだらけの胡散臭い主催よりも
市が関係してるというなら安心度も上がるというもの。
主催によってPTの参加意欲が上下するのはFF11も同じ。
…そんな考えで同じと言ってしまっていいのか!?
とりあえず少しは安心できる要素である。

流れとしては、メニュー通りに行動して気になる人と会話をこなし、
最後のバトルフェイズで意中の人が誰かと紙に書いて、その時点で両思いだったら
「おめでとwwww」
中間集計があったり、ゲームがあったり、ちょっとした軽食(ケーキ)があったり
多少想像とは違った。
というかそういうの参加したことないから、何もかも初めてだし。
最初に2分間隔で順に入れ替わりながら全ての相手と話していくターンが凄い。
就活でいうところのエントリーシートを渡して軽く話すというターンなんだけど…
正直話すことも無いっつーのwwwwwwwwwww
昨日Fate見た?とか聞くわけにもいかず(俺が見てないんだけど)
やれ料理できるの?とかお酒強いんですね、とか俺が聞かれたら「y/n」だけで終わる話題を
各々に2分毎に繰り返すという苦行をすることとなったのである。
この時点で向こうが書いたエントリーシートもどきをこちらも見ることとなるんだけど
想像通りといえば想像通りに、平均年齢は高かった。
20後半から40くらいがいる感じ。30超えが殆ど。
あまり個人情報に触れるのも悪いとは思うのだけど、案外参考にする人もいるかもしれんし。
100%実家住まいで、料理○酒○タバコ×が最高に多い。タバコ×も100%。
趣味は水族館orプラネタリウム。
スレのテンプレにでもあるのかな、と思うくらい右に倣えでさらに萎える。
個人的な偏見として、女はイメージ戦略、イメージを大切にした表現が多い。
企業みたいな感じ。
悪くいえば、見た目さえ良ければどうでもいいんだろ?という偏見がある。
そういうのがあんまり好きじゃないんすよねぇ。
まぁこっちも人のこと言えない趣味があるから、これでイーブンとしたいところだけど。

そのターンが終わったら中間報告がある。
何番の人が良かったのか?というのを男女共に紙に書いて、
中間報告で両思いもありうるというわけだ。
だがここで誤算。
誰が何番かわからねぇ。
「最低3人は書く」という条件がそもそもおかしいとも思うんだけど
誰が何番かを覚えてない俺もたいがいだったと思う。
一応その前に何番は俺です、私ですというのがあったんだけど
誰がどんな趣味なのかわからんのですよ。
もちろん流石2年もしていたこのPTでは、2分毎に話すというターンで相手のことをメモるための紙もあり
やる気まんまんのやつはここで詳細に「何番の人はこんな人」というのを書いてたんだろうけど
頭痛でやる気がマイナスの俺は、そのメモ取ることもやめていたw
つまり誰がどんなやつかわからない状態で、その中間報告を提出。
ぶっちゃけ顔で決めた。
悲しいけどこれが男の性なのよね。
ロマンシング性。

中間報告で俺は両思い状態があったのだけど、頭痛が酷い。
この状態では女よりもナロンエースの方が恋しいというもんである…(´・ω・`)
ナロンエースも略せばナースですよ。ナース属性は無いが。
話す気なんてならんのですよ。
それが例えば会社の知り合い同士の気楽な会話ならいい。
いちいち相手の状態を伺う会話において、頭痛状態でそのタスクを実行しようものなら
2chに毒された俺は、婚活PTでは口にしてはならないマズい文章が飛び出てしまうかもしれない。
たぶんその場で聞いちゃいけないようなことも言ってしまいそうだった。
という口実のもと、会社の知り合いとだけ話していた\(^o^)/
会社の先輩は「ガンガンいこうぜ」だったけど、その知り合いは俺と同じ「いのちだいじに」派だったからな。
FF11のPTプレイにおいて、ひたすら精霊魔法連打してスキル上げしてるレベル。
いらない子だったw

中間報告によって会話を各々こなし、その後も強制別の人と会話ターンを行い、途中で謎の無意味な椅子取りゲームをするなどして和気藹々(戦々恐々)とPTは一部を除いて一体化していったような気がする。
いや一体化は無いな。俺みたいなのは他にも割りといた。
その人達と会話もいいかなと思ったんだけど、結構年上なんだよね。
俺は年下だろうが年上だろうが、別け隔てなく接したい考えなんだけど
そんなものは固有結界以外では通用しない。
というわけでまた言葉を選ぶ必要があるわけで、他の男と話すこともなかった。
ノーマルの状態だったら、婚活に対する考えとかをじっくり聞いてみたかったんだよな、マジで。
俺の中ではこのPTは、第三者として社会科見学をしている気分だった。
TVの中で映像を見てるというイメージ。
どんな実体験があったのか。こうしたほうがいい、みたいなのはあるのか。
2chでそんなスレがあったら、ちょっと覗いてみたいくらいだ。

最終的には、先輩は意中の人をゲット!
本当におめでとうと思った。
どうか幸せに、と思った。
あの先輩は俺にも丁寧に仕事を教えてくれる先輩だったからな。
俺自身は最後に意中の人の番号を書くターンでは何も書かなかった。書けなかった。
書けないのに欠けた。まぁ色々欠けてるしね!

健康な状態で、なおかつ前向きに参加すれば、1度くらいは参加してみるのもいいと思う。
俺のように半分やる気ない状態で参加するのは良くないな…。
最初の2分交代ターン(2x25人分)で頭痛が一気に酷くなっちゃったからな。

次回はあるかもしれないし、ないかもしれないw
まぁ無いな。休ませて。


Comments

Leave a Comment

ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。