ImperishableFlowers

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


POPO弐 クリア

Category: Diary  
よーやくクリア。
イベント中はフルボイス、という仕様のおかげか3枚組み。
セイバーJの2番目の声が懐かしい。
グラも大幅パワーアップ(それでもPS1だけど)。
前作は金がたまに足らなかったけど、今作では金の使い道に困るほど金がたまる。
前作の奇跡の腕輪みたいな高額かつ強力な装備があるわけでもなく、貯まる一方である。
パワーインフレが凄いこともあり、結構簡単。
バトルシステムはより空の軌跡っぽくなり、ターン制からFFのような時間制になった。
敵の選択がめんどくさくなったので、AI任せ。
このAIはMPはじゃんじゃん消費しやがるが、
前述の通り金の使い道がないので、MP回復薬を買い込めば問題ない。

今回は更に仲間も増え実家にて入れ替えできるほど増えた。
最終パーティーはナルシア・鬼面童子・ジルバにした。
鬼面童子は何となく攻撃力が高かったのでLv上げしてたらそのままEDという流れだ。酷い。
前作の最高使用回数を誇ったホーリーバーストは劣化。しかも時間かかる。
代わりにジルバのグーパンチが全体攻撃+全員回復という謎仕様によりこいつだけで何とかなる。
ナルシアと鬼面童子は強化魔法枠。
この二人で行動ターン数は増えるわ、攻防御補正は増えすぎるわで、パワーインフレに拍車がかかる。
まぁあの頃からゲームの難易度低下は顕著だったよな~。
Lvが絶対的な強さを持っているので、低レベルクリアは大変そうだ。

メインとなるシナリオはI同様に悪い敵をやっつける王道的展開。
悪さに理由など殆どない。
俺から見たら「叱ったらグレちゃいました」という感じでちょいと物足りない感じだったが
それほど気にしない。
EDいいね。

調べたらPS2版も2作品くらい出てるようだ。
気が向いたらそのうちに。
スポンサーサイト


ひとことメッセージ
プロフィール

Lament

Author:Lament

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。